多彩な教員と科目・講義内容

 

那須 清吾 教授 博士(工学)

那須清吾2 担当科目 研究方法論組織経営論地域産業振興論
経歴・専門 工学を背景に企業の技術職、国交省官僚などを歴任。現場のマネジメント体験をもとに社会マネジメントシステム学を提唱し、国際的な学術ネットワークのハブを担ってきました。
講義内容 現実社会に有効なマネジメントには、様々な学問分野の方法論を必要に応じて自在に動員することが求められます。すなわち、ともすれば学問がそれ自体では細分化しがちなのに対し、現実的な課題解決のために学術統合を図るところに社会マネジメントシステム学の真髄があります。担当科目のそれぞれでは、課題構造の分析から解決に向けた学術統合の実例を数多く提示します。

 

岡本 博公 教授 経済学博士

岡本 担当科目 研究方法論経営者論
経歴・専門 産業と企業の実証的な研究を続けています。鉄鋼業を構成する多様な企業群を生産・販売・購買の構造を軸に企業類型に整理し、競争と協調のありようを析出した『現代鉄鋼企業の類型分析』(ミネルヴァ書房、1984年)、生産のフレキシビリティの核心は市場動向への迅速な適応であり、それは生産と販売の連携のありようによって規定されることを明らかにした『現代企業の生・販統合』(新評論、1995年)、サプライチェーンを構成する中小企業がモノの流れの量と速度を左右すること、そこからこれらの企業の意義を積極的に評価する近年のSCM研究がその成果の一端です。
講義内容 技術と市場の交点で企業と産業のありようを提示し、今後の方向性を模索できる講義を心がけます。

 

桂 信太郎 教授 博士(学術)

桂 担当科目 研究方法論経営戦略論地域産業振興論
経歴・専門 大手製造業の経営改善に関する調査研究を専門としてきましたが、高知ではさらに小規模な地域ビジネスの現場に密着した研究を継続して行っています。
講義内容 地域における農業生産法人などの調査事例の蓄積を背景に、経営学の一般的な理論を適用するだけでは経営改善には導けない様々な地域固有の課題の構造を明らかにし、地域に即した経営戦略を探ります。

 

中村 直人 教授 教育学修士

中村 担当講義 研究方法論人的資源管理
経歴・専門 イギリスやアメリカと日本における教育制度の比較を専門とします。
講義内容 組織経営の中核を担う人材の育成について、イギリスではエリート養成校が、またアメリカではMBAのような専門化した高等教育組織がそれぞれ役割を果たしてきました。日本では、これまで企業内教育が主流でしたが、これからは高等教育機関が卒業後のフォローも含めて一貫して経営中核人材の育成に取り組む必要があります。このような観点から人材教育のあり方を提起します。

 

永島 正康 教授 Ph.D(経営学)

永島 担当科目 研究方法論マーケティング戦略プロジェクトマネジメント
経歴・専門 パナソニックでデジタル家電の国際マーケティングに従事。国内外で、企画、販売、マーケティングの責任者を歴任し、商品企画から販売、マーケティング、物流に至る事業全体のプロセス運営に関与。専門は、経営戦略、国際経営、国際マーケティング、サプライチェーン、流通論など。
講義内容 マーケティングとは、企業が顧客に対して顧客価値を創造していくプロセスです。このプロセスを、SWOT(内外の環境分析), STP(セグメンテーション、ターゲッテイング、ポジショニング)、 4P(商品、価格、流通、販売促進) などの概念を用いて考えます。

 

渡邊 法美 教授 Ph.D.

渡邊法美 担当講義 研究方法論プロジェクトマネジメント
経歴・専門 プロジェクトのリスクを複数主体が協力して管理するための複数主体リスクマネジメントプロセスの開発や、地域の環境・エネルギー問題において、各主体のリスク認知がどのように異なるのかを明らかにする研究を行っています。
講義内容 日本では、プロジェクトの成功率は決して高いとは言えず、失敗は個人の人生を大きく変えるとともに、組織人財の損失につながります。また、不正会計、偽装等の企業の不正行動も、プロジェクト成果の虚偽報告に端を発する場合があります。本講義では、こうした問題意識に基づき、「正しいプロジェクトマネジメント→メンバーのモチベーション向上・維持→プロジェクトの成功」を基本モデルとし、メンバーのモチベーションに着目して正しいプロジェクトマネジメントのあり方を検討します。

 

石谷 康人 准教授 博士(工学)、博士(技術経営)

石谷 担当科目 研究方法論技術経営論起業工学概論
経歴・専門 東芝の研究開発センターやワークスラボで研究開発、知財推進、企画などに従事。工学分野の専門はOCR(光学的文字認識)、文書解析・理解、情報検索、ヒューマン・インターフェースなど。経営学分野の専門は、イノベーション、技術経営、経営理念、企業家研究など。
講義内容 技術経営論と起業工学概論を担当。技術経営論では、戦略の技術適合、製品アーキテクチャ、プラットフォーム・リーダーシップ、新製品開発などから技術で付加価値を大きくする経営について考えます。起業工学概論では、サービス・マーケティング、サービス・ドミナント・ロジック、ドミナント・デザイン、ビジネスモデルなどの概念を用いて事業創造について考えます。

 

坂本 泰祥 准教授 学術博士

坂本 担当科目 研究方法論組織論人的資源管理
経歴・専門 企業組織、行政組織における管理システムの実務開発及び研究開発を行ってきました。それらの開発・研究を通して、企業、行政組織の特徴の相異が管理システムに与える影響を明らかにしてきました。
講義内容 組織論では、いかに組織管理を行うかという諸理論の歴史的展開、また意思決定やその構造、さらに、組織管理にかかる管理会計学についても学びます。人的資源管理では、経営学分野の知見である雇用管理や賃金管理等と言ったいわゆる労務管理をベースに、人材としての成長促進、教育面も交えて人的資源に対する管理を総合的に学習します。

 

生島 淳 准教授 修士(経営学)

生島 担当科目 研究方法論組織論経営者論
経歴・専門 専門は経営史、企業家史。とくに日本のビール産業経営史および日本の企業家活動研究をライフワークにしています。
講義内容 経営史とは、現在の経営システムがなぜ、どのように形成されたのかを研究するもの、すなわち、過去の経営を知ることで、より現代の経営への理解を深めるものです。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉があるように、経営に関する教訓を得るとともに、今後を考えるうえでの手段ともなり得ます。講義では、そうした「企業の経営を歴史から捉える」という視座でもって、日本の経営発展を担った代表的な企業や企業家のケーススタディを中心に、企業経営のあり方や経営者のあるべき姿について検討していきます。

 

中川 善典 准教授 博士(工学)

中川 担当講義 研究方法論社会調査法
経歴・専門 定量的および定性的な社会調査の手法を駆使して、例えば高齢者の交通問題など、地域の現実的な課題への解決の指針を示すことを専門としています。
講義内容 定量的な社会調査の手法として、心理学の心理測定論に基づき人間の心理に関する質問紙調査などのデータ取得の方法や統計分析の方法を示します。また、定性的な手法として、インタビューや現場観察等の方法、さらにそこで得られた記述内容を言語要素に分解し、用語の頻度や連関性から言説の深層構造を探る方法などを示します。これらの調査手法は社会的な事象の把握に汎用性が高いものです。

 

上村 浩 講師 博士(商学)

上村 担当科目 研究方法論財務会計組織論
経歴・専門 27歳で起業し、FCビジネスを展開しています。現在は中小企業のコンサルティング事業にも進出し、地域金融機関との連携により事業創出および事業再生支援を行なっています。またビジネスを拡大展開する中で、財務管理や人事管理の重要性に気づき、経営学を学び直したという経歴を有しています。
講義内容 企業が公表する財務会計データについて、その検証方法はもとより、それぞれがどのような意味を有するのかについて検討します。その際、経営戦略や投資判断との整合性も勘案しながら分析を進めます。一方、会計情報の信頼性についてコーポレート・ガバナンスとの関連からこれを検討します。

 

馬渕 泰 講師 博士(学術)

馬渕 担当講義 研究方法論社会調査法
経歴・専門 もともとは土砂災害対策の専門家で、GISやリモートセンシングの画像解析にも精通しています。高知においては地域における様々な人間活動を地理空間という視点から調査・分析しています。
講義内容 地域生活の実態は、気候風土や地形、植生などの自然条件の上に、歴史、文化、政治、経済などの様々な社会的条件が積層して成り立っています。地域の持続や活性化を考える上で欠かすことのできない自然地理学の基礎を示します。

 

高木 方隆 教授 地域連携機構/システム工学群 農学博士

高木 担当講義 地域産業振興論
経歴・専門 専門は地理情報システム(GIS)で、四国全域の計測基準点を踏査した実績を持ちます。現在は、植物資源探査結果を反映したマルチレイヤーGISや、さらに森林資源量予測につなげる3Dボクセルモデルの開発を進めています。
講義内容 様々な工学技術や地域経営手法などを集約的に適用し、現実的な検証を図るための「里山基盤科学技術の社会実装モデルプロジェクト」を進めつつあります。大学近郊の里山を実証フィールドとして、これからの地域マネジメントに不可欠の統合GISの基本的な方法論を示します。

 

永野 正展 教授 地域連携機構 工学博士

永野 担当講義 地域産業振興論
経歴・専門 専門の土木工学を基礎として(株)相愛の社長、会長を歴任。2015年に宿毛市でバイオマス火力発電所&ペレット製造プラントを開設した(株)グリーンエネルギー研究所でも会長を務めています。
講義内容 高知県内で数多くの会社を設立し、事業を成功に導いてきた経験から、地域産業振興における課題構造の分析事例と多様な解決方策のモデル案を提示します。

 

松崎 了三 特任教授 地域連携機構

松崎 担当講義 地域産業振興論
経歴・専門 長年にわたり全国各地の地域振興を手がけ、高知県でも馬路村のゆず商品開発・マーケティングに実績を持ちます。さらに津波の波高予測全国一で知られる黒潮町においては防災備蓄ともなるグルメ缶詰を開発し、産業振興を図っています。
講義内容 地域において商品開発を図るには、地域の特性などもストーリーとして織り込んだ総合的なブランド戦略の中で位置づけていくことが有効です。これまでの多くの実践経験をもとに、地域の中でのビジネス創出のヒントを提供します。

 

松本 泰典 准教授 地域連携機構/システム工学群 博士(工学)

松本 担当講義 地域産業振興論
経歴・専門 化学工学と機械設計の2つの専門を背景に、企業における製品開発の経験も有します。独自の開発技術であるスラリーアイスを活用した鮮度保持流通の事業化においても県内産業に貢献しています。
講義内容 スラリーアイス技術は、魚の高鮮度保持流通に有効であるばかりでなく、果汁などの凍結濃縮にも応用可能であり、科学技術にもとづく一次産業の高度化の恰好の事例であります。そのプロセスとさらなる展開可能性を開示します。

 

渡邊 高志 客員教授 地域連携機構 (熊本大学教授) 薬学博士

渡辺高志 担当講義 地域産業振興論
経歴・専門 世界各地の資源植物研究を専門とし、高知県においても7年にわたる広域調査を集大成した354種に及ぶ有用植物ガイドブックを刊行し、さらにそれらの用途開発を進めています。
講義内容 有用植物の栽培・加工などの活用は、食文化観光の創出や、嗜好品・化粧品・サプリメントなどの製品化、さらには医薬品開発などの幅広い産業創造につながるものです。具体的な植物種を例に、植物資源戦略の概要を示します。